Odoo • Image and Text


学生時代について

大学では、教育学部で心理学を勉強していました。大学は広島だったのですが、地元の神戸で就職したくて「ひょうご就職サミット」に参加したとき、DATAKITに出会いました。

この会社を選んだ決め手

面接のときの、面接官の先輩の言葉が決め手になりました。それまで受けた会社とは違い、私の長所を見つけて言葉にしてくれたんです。「あなたは素直な受け答えがとてもいい」と言ってくださいました。面接でとても緊張していて、受け答えもうまくできているかまったく自信がなかったのですが、その言葉でとてもほっとしたのを覚えています。こんな風に、後輩を安心させてくれる先輩と一緒に働きたいと思ったのが決め手になりました。

会社の一番の魅力

一番はやっぱり先輩方だと思います。仕事のやり方がわからなくて質問したときも、教育担当の先輩だけではなく、全員がきちんと向き合って教えてくださいます。

その他、新人でも大きなプロジェクトを任せてもらえるのも魅力です。私は入社して半年で、展示会プロジェクトのメイン担当をさせていただきました。最初はどう進めていいかもわからず、ものすごくプレッシャーを感じましたが、分からない箇所はいつでも先輩方が相談に乗ってくださったので、無事にプロジェクトを完了させることができました。

ひとつのプロジェクトをやり遂げたことでタスクの進め方を実地で学ぶことができ、また、大きな自信を得ることができました。大変でしたが、短期間で自分が大きく成長できたと思います。

担当している業務

「SAKSAK」を販売している住宅事業部のフィールドセールス(営業)を担当しています。現在は主に、電話でのインサイドセールスや、ホームページから資料請求されたお客様へ電話での営業活動をしています。その他クライアントへのSAKSAK操作研修も私たちの担当です。こちらも、最近少しずつ任せてもらえるようになりました。

仕事のやりがい

インサイドセールスのお電話で、お客様が興味を持ってくださるような話し方ができ、資料請求やアポイントにつながったときは、やった!と思います。インサイドセールスのスクリプトはありますが、お客様によって反応は千差万別なので、やはり臨機応変さは求められます。お客様のご要望をくみ取って、SAKSAKに対する興味を引き出すような声かけが成功すると気持ちいいです!

こんな人と働きたい

売上を上げるために、積極的にアイディアを出していける人です。新人でも積極的にプロジェクトにかかわればどんどん仕事を任せてもらえる反面、受け身の姿勢では担当できる仕事がぐんと減ってしまうのがこの会社の厳しいところです。怖がらずにどんどん自分のアイディアを出して、一緒に成長していける人と働きたいなと思います!

OFFの過ごし方

 コロナが流行する前はお出かけ好きで、好きなバンドのライブによく行っていました。コロナの流行でそれができなくなってしまったので、休みの日は仕方なく家で推しのライブのDVDを見て過ごしています…早くコロナの流行が収まって、またライブにお出かけできるのが待ち遠しいです!

5年後のキャリア

「SAKSAK」のエキスパートとして、お客様にSAKSAKの良さを伝える営業のプロになっていたいです。

それなりに費用のかかるシステムを導入していただくには、お客様のお困り事をSAKSAKで解決できる!という確信を持っていただくことが必要です。そのためには、まずお客様のお困り事をよく聞き、本当にお客様がしたいことはどんなことなのかをはっきりさせること。それから、SAKSAKのこの機能を使えばお困り事が解決できます!と自信を持っておすすめできるようになること。まずはその二つができるように、営業としてのスキルを磨いていきたいと思います!